タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージとは、

タイに2500年前から伝わる伝統医学の一つで、

インドのお釈迦様(仏陀)のお医者さんであった、

クマール・バッカ(Jivaka Kumar Bhaccha)が創始者とされています。

タイ古式マッサージ、タイマッサージ、タイヨガストレッチ、

あるいはヨガストレッチは全てほぼ同じマッサージを指します。

インド医学の知識が仏教とともに、タイに伝えられ、

仏教文化とともに、人々に根付いていきました。

なので、今でもお寺でタイ古式マッサージを受けることができます。

世界一気持ちいいマッサージ、

二人でするヨガなどと呼ばれるタイマッサージは、

ゆったりとしたリズムの指圧や、

じんわり可動域を広げるストレッチで、

筋肉を緩め、関節に溜まった疲れ、滞った血液やリンパ液を流していきます。

こりや、痛みを和らげ、ケガの予防や運動機能の向上が期待できます。

また、深い呼吸を導き、センと呼ばれる体にあるエネルギーライン

(中国では経絡、インドではナディーと呼ばれるものと同じで、いわゆる気の通り道です)

を刺激することで、全身のエネルギーがしっかり流れ、

精神的にも安定し、活力に溢れ、免疫力、自然治癒力があがっていきます。

時々、痛そうとか、バキバキするやつ?と聞かれますが、

決してバキバキしたり、踏んづけたり、

アクロバットのようなストレッチをしたりするものではありませんので、ご安心を。

また、体の硬い人こそ、タイマッサージはおすすめで、

体の状態を確認し、指圧などで体を緩めながら、ストレッチをしていくので、

ご自分でストレッチをするよりも、稼働域が広がります。

ゆったり、優しく、けれどもしっかりと体を動かすことで、

体の歪みを調整し、むくみや便秘、頭痛、首、肩のこり、腰痛、などを緩和します。

これらの効果は、ヨガをするこでも得られますが、

自分でするのではなく、寝転がっているだけでいいので、

なまけもののヨガ

とも呼ばれます。

運動した方がいいのはわかっているけど、なかなかできない、

ストレッチしながら、ウトウトしたい、

運動前後のメンテナンスに、

もみほぐしだと、もみ返しがある方など、

ぜひ一度、体験してみてください(^^)

体が伸びると、心も伸びますよ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする