ヨガとは

ヨガ(ヨーガ)とは、

約4500年前から、インドのお坊さんが悟りを得るために行っていた、

修行の道です。

その道は、ラージャヨガ、バクティヨガ、カルマヨガ、

タントラヨガ、クリヤヨガ、ハタヨガなど、

様々な種類の道があります。

悟りを得るために、

お経を読みむのか、瞑想するのか、勉強するのか、

といった感じです。

それが、時とともに現代風に

様々なスタイルでアレンジされ、解釈され、

特に、ハタヨガ、あるいはアーサナと呼ばれる、

呼吸とともに体を動かし、

自分の呼吸・体に意識を向けることで、

自分の心に気づく方法が現代とマッチし、

世界中で大変な広がりを見せています。

この方法は、ヨガの教科書で一番古いとされている、

ヨーガスートラをもとにされているものが、ほとんどです。

世界中に広がるヨガの源流である、

アシュタンガヴェニヤサヨガを生み出した、

シュリ・K・パタビジョイス先生、

(アシュタンガヴェニヤサヨガのスタイルは、

フローヨガなどと呼ばれ、

太陽礼拝をベースにしたポーズをアーサナとアーサナの間に組み込み、

動きを止めずにアーサナをし続けるスタイルとなって広がっています。)

アイアンガーヨガを生み出した

B・K・Sアイアンガー先生、

(アイアンガーヨガは、パワーヨガなどと呼ばれ、

ポーズを正確に長くキープするスタイルや、

ヨガブロックやヨガベルト、ボルスターを使うスタイル、

その補助具を使ってリラックスのアーサナをする

リストラクティブヨガなどとして、広まっています)

この2大先生の先生が

同じ、

ティルマライ・クリシュナマチャリア先生であったことは有名な話です。

もちろん他にも、ヨガを広められた

素晴らしい先生方はたくさんたくさん、いらっしゃるのですが、

どの先生も、そのまた先生の教えや修行、

ヨーガスートラ、ハタヨガプラビーディカーといったヨガの教科書をもとに、

ご自分のスタイルを確立されたのだと思います。

結果、体と呼吸を使う、ハタヨガ、アーサナが特に流行し、

先生の数だけ〇〇ヨガと名前がついています。

ヨガ(ヨーガ)は、単なる運動や

美容、健康法ではありませんが、

皆さんが連想される様々なポーズをとることで、

筋肉、間接を動かし、骨格を調整し、

強く、美しい体をつくります。

また、それだけでなく、

内臓や内分泌腺、自律神経を刺激し、そのバランスを整えます。

強く、美しい、バランスのとれた体は、

強く、美しい、バランスのとれた心を生み出します。

今、ヨガ(ヨーガ)は、

ヒマラヤに隠された険しい道ではなく、

誰にでも実践できる、

幸せになる道です。

あなたと一緒に、

この道を歩むことができますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする